読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の代わりに

今まで歩んできた奇跡を綴るだけのブログ

悲しいことも全て自分のせいなのだろう


昨日の夜、喧嘩というか結果的に私が裏切ったような形のやりとりがあった。

去年の夏ごろの事だ。束縛のひどさと、私が遊ぶ友人が理解できない、だからあまり遊びに行かれると嫌、見たいな事を言われて疲弊していたころ。

過去に付き合っていたモトカノと少し遊ぶことになった。


その子は数年前に別れてからは親友のような立ち位置となり、よく昔から遊んでいた人だ。もちろん一抹の恋愛感情もない。レズビアンは狭い世界で、モトカノと仲良くしている人は多い。それは私もそうだし、付き合っている彼もそうだ。

だけれども私のモトカノたちに対してとても嫌悪する。自分は平然とモトカノと遊ぶのに、矛盾しているなぁと強く感じていた。


車でモトカノの家に行き、すぐにバイクに乗り換えて近くのスタバへ向かって、しばらくおしゃべりをしてから帰ってきた。

そのときに嘘をついた。

「バイクで迎えに来たから、仕方なくバイクに乗った」

どうしてその嘘をついたかというと、彼が「いつかバイク買ったら乗せるからそれまで待って」と言っていたから。

けれど毎月お金が無くなって借りたりカード払いしている姿を見ていて、数年はありえないだろうとも思っていた。罪悪感もあったが、その子にも来年バイク乗せてよ!と言っていた手前断ることができなかったのだ。


そのことを昨日の夜言った。

そしたら「そんなしょーもない嘘ついてたんだ」と投げやりに言われて泣かれた。

この数日、私の携帯をことあるごとに盗み見ようとしてきた。それもとても不快だった。きっと疑っているんだと思う、私が浮気をしているのではないかと。

けれどそんな事実は一切無い。

それどころか、最近は尽くしていると思う。毎日好きと言うようにしている。愛情表現を沢山して喜んでほしいと思っているから。

携帯を見られるのは普通に嫌なだけだ。個人のプライベートだし、友人とのたわいないやりとりをしている。それの一つ一つに文句を言われたら堪らないからだ。少しの言葉で傷ついたり問い詰めてきたりする彼に、私の友人との会話なんて見られたらなにこそ言われるかわからない。それこそ本物の束縛だ。


少し、今後に自信が無くなった。

毎回しょうもないことで疑われて探られて、それが嫌で、昔はやんわり出来事を端折って伝えていた。やましいことが無いのに責められ価値観が違うと言われるのはまっぴらごめんだ。

今後どう傾いていくのだろう。どちらにせよ、わたしはもうなすがままだ。大分疲れたししょうがないこともある。彼がどう思うかによって今後を任せるつもりだ。