読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の代わりに

今まで歩んできた奇跡を綴るだけのブログ

女性と付き合うべきか、男性と付き合うべきか。

私はバイセクシャルだ。

どちらかというとレズビアン寄りだろう、過去にまじめに付き合った男性は一人。それ以外は全て女性だ。

 

二十半ばになると、周りで結婚して子供を持ち家庭をもつ人たちが増えてくる年齢。二十前半までは「私は私の生きる道を行くんだ」と強い意志があり、結婚も子供も全く興味がなかった。しいていえばウエディングドレスは着たいかな、くらいだろう。

 

けれど最近、自分の中で少しずつ変化が起きている。

「家庭が欲しい」と思うようになったのだ。

どんな型でもいい、揺るがない何かがほしいと思うことが増えた。まだ二十半ばでががきんちょだが、それなりに沢山の経験はしてきたと思う。

 

同じバイセクシャルの友人と先日あった時に、友人が「贅沢な悩みなんだけど」と前置きをして相談してきた。

彼女は現在かなり年上の女性と付き合っているが、最近気持ちだけ焦って考えることがある。普通に結婚して家庭を持ちたい、と考えてしまうということだった。

今も今で穏やかに、彼女と仲良く付き合ってはいるが、いつも陰で思うのだ。この人が男性だったら親にも紹介して、家族ぐるみで仲良くできるのに。子供も自然の流れでできるのに、と。

周りが結婚して幸せを感じている中、自分たちは家族にもならなければ親にも認められなければ子供も持つことが難しいという現実。今は理解が進んでパトナーシップというものも作られたが、それでもまだマイノリティなことに変わりはない。

若いうちは勢いで、好きという感情があればいいんだとがむしゃらに突き進んでいた。けれど親が年を取りいずれいなくなる存在で、それを段々と実感していく。そのたびに不安になるのだ。

 

私も同じことを思うことがあった。

今の彼はトランスジェンダーで、正式な手続きを踏めば戸籍変更して夫婦になることはできる。けれど、私の場合は彼の性格面での懸念だった。

このまま流れでもし結婚したとして、彼はもっと悪化していくのではないか。そんな不安がある人と今後一緒にいるべきなのかと。

ホルモン注射は人の人格を変えるほど大きい治療だ。今後投与するとなったらイライラと不安定さはこれ以上になるだろう、耐えられる気がしない。

 

今まさに、そういった人生を変える決断をするべきか迫られる世代なのだと思う。好きなように生きていきたい気持ちと、家庭を持ちたいという気持ちが交差する。

 

「こっちが正しい道ですよ」って神様が示してくれたらいいのにね。

 

なんて話をして現実逃避をした。

10年後はどうなっているのだろうか。

原因からの攻撃

この三日間、彼の機嫌が悪い理由がようやく分かった。

先月から転職をして働きはじめ、そちらの会社では給料が月末払いだということ。貯金が一切ない彼は月末の支払いができないため、足りない数万円を私が貸す、という流れになっていた。

三日前の夕方ごろ、彼が「私がきつくなってしまうのなら母親にお金をかりるよ?」と打診してきたときに、私は「確かに貯金口座から出し入れするのはめんどくさいからなぁ」と言ったことが原因らしい。

 

確かに言い方はほかにもあったと思う。お金という非常に繊細な問題に対し言うべき発言ではなかっただろう。

 

だから直接は口に出せず、そのほかの私に対する少しでもイライラする部分に当たり散らしわめいていたのだと。

 

「2日じゃたりなかったよね、いじめるの」

と三日後に言われて、私は疲れていた心をさらに抉られた気持ちになった。

 

薬を飲めないから服薬ゼリーを買うと言っていたので、仕事が遅くなる彼の代わりに買いに行って置いておいたら

「俺が好きなのはぶどう味。じゃないから飲まない。薬なんていらない飲みたくない。」

 

私のパジャマをベッドに隠して風邪をひいて辛い私に

「パジャマは俺のだから、裸で寝たら?」

「お菓子食べたいからベッドまで持ってきて。俺のこと愛してるなら出来るでしょ?」

 

あまりに幼稚でバカけた言動と行動の数々に、私は怒るどころか3歳児と接しているのではという感覚に襲われた。

 

ディズニーの件についてはに行ったことが問題ではなく、自分の嫌いな人間といったということが許せないということも言われた。

ちなみに私の元カノとは会っていて、いい人だね、と言っていたのに。私がささやかなウソをついた瞬間から態度が急変したのだ。そもそも過去の話で現在は連絡を取ってもいないのに、毎度それを掘り出しては当たってくる彼の器の狭さは子供以下だ。

 

ほかにも数えきれないくらい沢山の嫌味と嫌がらせを受けた。

そしてそれを言った後に体を触ろうとしてくる。私が拒否すると「好きな人でもできたの?」

 

「ライン最近誰と連絡したか教えて」

スマホ画面を無理やりのぞき込んで中身を確認してきたり、スマホのロックをはずそうとしたりする。

本人はにやにやしながらすべてをやって、最後には「冗談にきまってんじゃん。バカなの?」だ。

 

書き出せば書き出すほどにとんでもない内容だな…と自分でも驚く。

いやがらせを受けている間、私はもう母親としてなだめるということしかしなかった、出来なかった。

それに対しても逆ギレし、「俺のことを子ども扱いするな!」とぐだぐだ執拗に何時間も責めるのだ。

 

 

正直冷めた。冷めてしまった。

もう好きなんて嘘でもなければ言えない。一人だけじゃ今は生活がきついが、本気で別れて別居したいとここまで思ったのは初めてだ。

すきだと思えていた時は喧嘩をして別れを切り出されても「ごめんね別れたくない」と泣きついて自分が恥ずかしい。

 

何もしていない私を理不尽に攻め立てる彼と一緒にいて、最近は楽しいどころか苦痛しか感じない。

帰ってくると連絡があったらすぐに安定剤を飲み、なんとか笑顔で優しく接しているという状況なのだ。早くこの状況から打破したい。とりあえず落ち着きを取り戻して、うまく関係を続けながらお金をもっともっと貯めて、頃合いをみて突き放す方法ばかり考えている。

 

仕事から帰ってくるとわかりもしない仕事の内容を事細かに説明してくるが全く意味不明だ。私のはなしはついでくらいしか聞かず、それよりも仕事が終わってから何をしていたかを執拗に聞いてくる。

 

あぁ、人はここまで上下差があるものなのか?

私のことを信じられないというが、私もあなたを信じたことはない。

散財癖があり金もなく、性格もすさんでいて、唯一できることは車の運転と押し付けの愛情表現と家事手伝いか。

 

ここで散々いうのは、友達に愚痴を言えないからだ。友達と遊んだら執拗に俺の何を話したのか、それを聞いて相手はなんと答えたかなどを聞いてくるのにうんざりしているからだ。

仕事を変えるのであれば、慎重に動かねばならないと思っている。下手を踏めば「俺と離れるために仕事を変えたんだろ」と言い始めるだろうから。

 

今はもう復習してやりたいとまで思っている。うんうんと素直に聞いている私が突然手のひらを返した時の反応を見てみたい。

そのためには今、耐え抜いてチャンスを掴むしかない。

暫くは自分の過去より、現状を吐き出したりする日記になってしまいそうだ。

過去を持ち出して何になる?

5年前の当時に付き合っていた人とディズニーランドに行ったことがある、という話を彼にしたところ喧嘩というか、勝手に怒っていじけられた。

 

最初は「ほかの元カノといったことがあるなら無理。一緒に行こうと思ってたのに」ということだったが、あとからいじけて先に寝室に行った彼からラインで「〇〇さんがほんと無理。もうどーでもいいし、好きにしな!」と連絡が来た。

 

私からすれば「?」だ。何をいまさら言っているのかと。五年も前のことを浮気したかのように責められ嫌味をいわれること自体があり得ないことだったからだ。

 

ふと思う。なんでこんなに精神年齢が子供な人と一緒にいるのかと。

もっといい人はたくさんいるのに、押されて付き合って言葉の暴力を受けている私は愚かで弱い人間だ。

 

最近は安定していたはずなのに。

彼は私以上に積極的に仕事に取組み家事もやってくれる。であった頃はそうじゃなかったのに、この半年以上でずいぶん成長した。それを見てわたしも頑張らなきゃと思っていたくらいなのに。

いったん崩れ始めるとひどい。人に当たりわめき泣く。

 

もう私も怒りを通り越して呆れてしまった。落ち着くまでのんびり待つつもりだが、それでも執拗に攻め立てられれば私もどうなるかわからない。

 

一人で生きていける財力を手にしたい。

もっと働かなきゃならない。頑張らないといけない。

仕事しても一人暮らしじゃぎりぎりの生活しかできないお金しか貰っていない。

落ち着いてきた頃に、今の仕事に耐えられないとでも言ってもっとお金をもらえる会社に勤めなければ、と焦る。

 

今は耐えるんだ。

耐えて耐えて耐えきったあとに、必ず活路はあると信じなければ消えてしまいそうだ。

不調が長引く

この数ヶ月の間、自分の感情・体の不調の波を強く感じている。

強いストレスがこの二年の間かかってきた。それでも乗り越え幸せにやってきているつもりだった。けれどこの前の彼との大きな揉め事により、均衡状態を保っていた自分の心が大きく傾いたような感覚。


過去のことが何度も頭を過ぎり、眠るときに安静にしているのに心臓がうるさくなって痛む。胃痛もありお腹もよく下す。手が震えたり、気が遠くなるような感覚に苛まれ、うまく笑えなくなったり、きちんと会話をしようとしてもうまく話せなくなってしまった。そして何をしていても不安で安心できないのだ。

生理前なのもあるだろうとは思っていたが、こんなに酷いのは久しぶりだった。


安定剤を飲んでようやくすこしぼうっとできて楽になるが、気休め程度だ。自律神経に異変をきたしている気もする。

来週、久しぶりにかかりつけの心療内科へ予約を入れた。彼も理解してくれたのでありがたかった。もう薬を飲むことを嫌がられるのは辛かったから、正直に自分の状況を話した。受け入れてくれるかは賭けだったけど、思いのほか優しい言葉が返ってきて泣きそうになった。

漢方を取り扱っているかはわからないが、あるのならば処方してほしい。今回の病院ではきちんと自分の今を伝えられるように話すことを準備していこうと思う。


結局


泣き喚いてごめんなさいと繰り返して謝罪して、次に嘘をついたら顔も合わせないで出て行くから、といわれて終わった。

私の中に今後、それも近いうちにそれがやってくるだろうなぁという思いが過ぎった。

嘘も方便、そのまま言われたことを彼にいうのはとても気が引ける。過敏に傷つく人間に、あえて考えて言わなかったりしていることも全て「嘘をついた」「隠し事をした」となるならば、もう近いうちに離れていくだろうと思った。

一人で生きていかなきゃならない。結局なにがあっても別れないなんて大嘘だ。浮気したわけでもない、ただ30分のみに行ったことを黙っていたらそれだけで嘘として出て行くのだろう。そんな一瞬で切れるような脆い関係だったのだね、私たちは。浮気もしてない、むしろしつこく店に来いと誘ってくるバーの店長が嫌で連絡も絶って店にも行ってない、というだけでも、それを言わなかったってことはうそになるんだとショックを受けられ悲しまれ、「死にたい」とまで嘆かれた。

やっぱりそうそう人なんて変わらないのだ。そんなもんだとわかっていたのに、彼の熱心さに引かれてつぎこそはと思ったのに。結局こんなことになるのなら、もう恋愛なんてしたくない。

辛くなるのは自分だけだ。


ちゃんと給料を稼いではたらける職場に移ろうかと考え始めた。いまのままじゃ貯金はおろか一人暮らしの生活自体があやうくなってしまうから。お金のことだけはどうにもできない、だから何とか稼げる仕事へと移行しなければならないと感じた。


結婚したいと思っていたから、お互いその気持ちだったから仕事も変えて家にいる時間を増やし仕事が忙しい彼を支えられるよう全力でサポートしていたが、しょうもない嘘で全てが壊れるくらいに脆いものだったのだと悟った。


しばらくは耐えていこう。

きちんと貯金もたまって独りになっても三ヶ月は困らないような生活能力を持つために。


不思議なもので、離れていたら気持ちは冷めているのに、面と向かうと辛くなる。早くこの不のループから抜け出したいと強く思う。

仕事中もどうしようもなく落ち込み鬱状態になるため、昨日今日とアルプラゾラムをフル活用だ。これは彼にはいっていない。きっとこれもばれたら嘘をついたと言われて泣かれるんだろうと想像できる。私の辛さには向き合ってはくれないのだ、結局のところ。

だから自律神経失調症の疑いがあるから病院で漢方をもらってくる、ということで(これは本当につらい)きちんと病院で今の状況を話してこようと思っている次第だ。


悲しいことも全て自分のせいなのだろう


昨日の夜、喧嘩というか結果的に私が裏切ったような形のやりとりがあった。

去年の夏ごろの事だ。束縛のひどさと、私が遊ぶ友人が理解できない、だからあまり遊びに行かれると嫌、見たいな事を言われて疲弊していたころ。

過去に付き合っていたモトカノと少し遊ぶことになった。


その子は数年前に別れてからは親友のような立ち位置となり、よく昔から遊んでいた人だ。もちろん一抹の恋愛感情もない。レズビアンは狭い世界で、モトカノと仲良くしている人は多い。それは私もそうだし、付き合っている彼もそうだ。

だけれども私のモトカノたちに対してとても嫌悪する。自分は平然とモトカノと遊ぶのに、矛盾しているなぁと強く感じていた。


車でモトカノの家に行き、すぐにバイクに乗り換えて近くのスタバへ向かって、しばらくおしゃべりをしてから帰ってきた。

そのときに嘘をついた。

「バイクで迎えに来たから、仕方なくバイクに乗った」

どうしてその嘘をついたかというと、彼が「いつかバイク買ったら乗せるからそれまで待って」と言っていたから。

けれど毎月お金が無くなって借りたりカード払いしている姿を見ていて、数年はありえないだろうとも思っていた。罪悪感もあったが、その子にも来年バイク乗せてよ!と言っていた手前断ることができなかったのだ。


そのことを昨日の夜言った。

そしたら「そんなしょーもない嘘ついてたんだ」と投げやりに言われて泣かれた。

この数日、私の携帯をことあるごとに盗み見ようとしてきた。それもとても不快だった。きっと疑っているんだと思う、私が浮気をしているのではないかと。

けれどそんな事実は一切無い。

それどころか、最近は尽くしていると思う。毎日好きと言うようにしている。愛情表現を沢山して喜んでほしいと思っているから。

携帯を見られるのは普通に嫌なだけだ。個人のプライベートだし、友人とのたわいないやりとりをしている。それの一つ一つに文句を言われたら堪らないからだ。少しの言葉で傷ついたり問い詰めてきたりする彼に、私の友人との会話なんて見られたらなにこそ言われるかわからない。それこそ本物の束縛だ。


少し、今後に自信が無くなった。

毎回しょうもないことで疑われて探られて、それが嫌で、昔はやんわり出来事を端折って伝えていた。やましいことが無いのに責められ価値観が違うと言われるのはまっぴらごめんだ。

今後どう傾いていくのだろう。どちらにせよ、わたしはもうなすがままだ。大分疲れたししょうがないこともある。彼がどう思うかによって今後を任せるつもりだ。


悲しみの連鎖

薬を飲んでも気分なんて上がらない。

ずっとつらい時間をただぼんやりと過ぎ去っていくのを待つだけ。

 

このままじゃだめだと思って遊びに行く機会を作っていくのに、

それを同居人は理解してくれない。

 

当たり前だよね、私のことを知らないしわかってはいないもの。

しょうがないとは思っているけど、これ以上私からなにかアクションを起こすことができないよ。

 

私だって楽しく仕事をして、楽しく遊びたい。

難しい。

あんなふうに簡単にできていたころが懐かしい。

少し前の話なのにな。

今は本当にあの頃に戻りたいって思ってしまう。

 

人生って難しい。

一つの仕事で平穏にやっていこうとすれば、お金はなくなっていく。

無理をしようとすればメンタルに直結してくる。

 

つらいな。

 

つらすぎる。

 

口に出したら泣いてしまいそうなくらい、私は疲弊している。

 

助けてが言えない環境はここまでつらいのね。

 

虚しい。